外科・消化器外科

外科・消化器外科について

食道、胃、大腸、肛門、肝臓、胆嚢、膵臓の良性、悪性(癌)疾患の治療には特に力を入れています。
超音波検査、CT検査、内視鏡検査 等

患者様の一般状態、根治性を検討の上手術、化学療法などを選択しています。
胆嚢摘出術(胆石症等)、消化管穿孔(胃潰瘍、十二指腸潰瘍)、早期胃癌、大腸癌、気胸、転移性肺癌などを行っています。
注射剤を内痔核周辺に投与し、投与後しばらくすると出血が止まり、内痔核脱出の程度も軽くなります。
さらに1週間から1ヶ月前後で投与された部分が小さくなり、脱出や肛門の周囲の腫れもひいていきます。
痔かな?と思ったら我慢したり悩んだりせずに早めに診察しましょう。
早く治療すれば簡単な処置ですみ、お薬で治していきます。

ドクター紹介

外科・消化器外科医師 長山正義
外科・消化器外科医師 小池哲史
外科・消化器外科医師 中路太門

外科:診療時間

午前診
夕診

午前診:9:00~12:00(受付8:30~12:00) /
夕診:16:00~19:00(受付15:00~19:00)

消化器外科:診療時間

午前診
夕診

午前診:9:00~12:00(受付8:30~12:00) /
夕診:16:00~19:00(受付15:00~19:00)